注目キーワード

思い立ったら就職難

みなさんこんばんは。ろいさんです。
前回の投稿からかなりの月日が経ってしまいました。自分の持続性の無さにホトホトと呆れる次第でございます。

ちょっとばたばたしてまして。思い立ったが吉日と言いますので、思い立ったがままサイトを立ち上げてから離婚し、再婚し、一時ホームレスを経験したのち数ヶ月後には職が無くなりそうです。
ほんと思い立つって凄いですね。

さらっと掻い摘んで言いましたが、本当にこの半年間とちょっと、目まぐるしかったですね。
これらが全て吉日と向かって進んでくれてるのかは今はまだ分かりませんが、間違いなく今の僕は幸せです。
ありがとう。吉日。
また今度、機会があればこの思い立った吉日の事を書いてみたいと思います。誰も興味ないでしょうけど。

それにしても、やはりこの年齢にして職が無いというのは、とても心臓がドキドキします。
ただでさえ脈が早い方なので近頃の心臓のハードワーク気味が少し心配です。
このドキドキの気を紛らわす為にも、ほったらかしにしていたサイトで日記でも書こうという訳です。(現実逃避)

僕は今の会社に入社してかれこれ15年ほどになります。
一言で15年とは言いますが…長かった。
20歳頃に入社し気がつけばもう私も30代の後半戦。本当に長い間お世話になってしまいました。
この会社の事を話し始めたらきっと、第999話までになりそうなので省略しますが、辛かったです。
全てこの一言に尽きます。
楽しいことも沢山あったし、会社においての自分の恵まれた環境に文句を言うのは心苦しいですが、正直辞める事がほぼ決まってホッとしています。
この年齢からの再挑戦はとても容易で無いことくらいは想像できますが、不思議と後悔はありません。安定収入といった不安は振り払えませんが。

入社して少し経った頃から、うわマジすか..って思う事は沢山あったんです。
これからも残って働いていく方々もいらっしゃるので批判をするつもりはありませんが、僕には合わなかったんですね。考え方の不一致というやつです。
何度も辞めようと思い話し合って参りましたが、ありがたいことに少々しつこめに引き留めていただいて..早5年。
長かった話し合いにもようやく終止符が打たれようとしています。

さようなら、不安定な会社
こんにちは、不安定な日々

それにしても、本当に引き留めがしつこかった。
僕がそれなりの仕事量を与えてもらっていたのも関係しますが、それにしても引き留め方が尋常じゃなかった。
離婚を一度経験しておりますが、離婚より会社を辞める方が、時間も労力も精神も何百倍も使いました。
退職までにかけた時間のギネス記録があるなら、申請したいくらいです。

もう一つ退職までの時間がかかった理由があるとすれば、再就職に戸惑いを感じていたことでしょうか。
今は性別も女性から男性に変わり外見と性別欄が一致してくれて、気兼ねなく保険証とか見せられますが、2年ほど前までは戸籍を変更していなかったので、何かと不便でした。
それは職場でも同じです。

戸籍の変更をしたのが2年ほど前なので、それまでは性別欄が女性だったんですよね。
ホルモン注射を打ち出して結構な月日が流れておりますので、もうほぼ外見は男性というかおじさんです。

そんなおじさんが履歴書の性別欄に女性と丸をすることにどれ程の勇気がいるか想像してみてください。
そのチグハグな履歴書を片手に、面接に行く訳です。
面接官のおじさんが、今日の面接はおじさんかと思って履歴書を見たらおばさんだったって悲しくないですか?
その場の空気を考えるだけでもう..

面接官のおじさんもきっと、おじさんだと思ってたおばさんにすごく気を使っちゃうと思うんです。
これはおじさんとして面接すべきなのか、おばさんとして面接すべきなのか..?
って余計悩まさせてしまって、採用不採用の検討の前におじさんなのかおばさんなのかを検討するっていう面接が必要になりそうなのでは?

そんな妄想をしていると、心の何処かで傷つきたくないっていう甘ったれた自分が邪魔をしてしまうんです。
若かりし頃は「ボーイッシュなんで!」で片付けていましたが、もう無理です。
そもそもボーイの年齢超えちゃってますから、そういうの何て言うんでしょう?おじさんの一種?

いやもう何でもいいんですけど、心臓がハムスターレベルなこの僕には、知らない人に一から自分自身のことを話して、もし受け入れてもらえなかったらとか、仮に受かったとしても皆んな自分の事をどう思うんだろうとか、考えても仕方ない事ばかりが思い浮かんでなかなか前に進めなかったんです。
そんな感じで今の会社で辞める辞めないの離婚調停みたいな事を5年以上もしていたら、男とか女の問題の前に、40歳間近のただのおじさんになってしまって就職難にさらされそうなだけじゃんって事に最近気づきはじめました。

おやすみなさい。