注目キーワード

はじめましてこんにちは

1980年頃、私は関西のとある田舎町で 

女の子として生を受けました。 

 

当時産まれたばかりの私を抱く母親や、 

祖父、祖母、兄、そして破天荒な父親も 

きっと希望に溢れた幸せな女性に育って欲しいと 

願ってくれた事でしょう。 

 

私の家族は曲者揃いで、お世辞にも 

平凡とは言えない家庭環境だったように思います。 

私自身、心に問題を抱えて産まれてきてしまい 

今日まで悩んでは足掻き続け 

家族を傷つけることもありました。

 

沢山の問題を抱え、傷つけ罵り合うような家庭でしたが、 

この日、この瞬間だけは私の人生の中で 

穏やかで温かい時間だけが流れていたんだと思います。 

というか思いたい。 

思わさせてください。 

 

実際両親は私が2才の頃には離婚をしており 

父親側の祖父と祖母に兄妹共々預けられて育ちました。 

いや、父親か母親どっちか子供見ましょう! 

とは思いましたが、 

それぞれ大人の事情を抱えていたのでしょう。 

 

昔人間の祖父母の躾というか体罰は厳しく 

長男マンセーの時代の人なので 

女の私に対しての当たりのきついこと 。

 

顔が母親そっくりだったので 

私の顔を見ては憎たらしいと良く言われたっけな 

(いや!にいちゃんも同じ顔してますけど!) 

 

たまに顔を見せにくる親父さんは 

頻繁に違う女性を連れ帰ってきては増殖する異母兄弟。 

 

これまた、たまに顔を見せにくる母親と 

お父さんと呼べと強要してくる母親の彼氏。

 

ヒステリックを起こしては暴れまわる兄 。

 

少しバイオレンス色の強い家庭で悩む事もありまたが 

その中でも私を大いに悩ませた出来事がいくつかありました 。

 

1つは物心ついた頃から感じていたこの違和感。 

心と身体の「え、こ、これじゃない..」感。 

そうです。 

私を大いに悩まさせてくれた問題は 

性同一性障害として生まれてきたことでした。 

 

両親が自由人だとか 

祖父母の当たりのきつさとか 

兄の暴力とか 

親戚からの心無い言葉とか 

神様!! 

もうそんなのいくらでも耐えるんで 

まずこっち何とかして下さい!! 

という気持ちで一杯でした。 

 

私も30代半ばを迎え 

今となっては性別を変え 

奥さんにも恵まれ 

周りの人達の理解も得られて 

慎ましいながらも充分な幸せと呼べる 

生活を送る事ができています。 

 

過去に触れずこのまま平凡な人生を 

歩んでいくのも幸せだと思いましたが 

ここへきて何か一から始めたいと思ったのは 

自分が納得できる人生を歩んでみたいと思い 

そのきっかけが欲しかったからです 。

 

このサイトから何が生まれるのか 

それとも全然関係のないことをしていくのか 

はたまた何もしないのか 

それはまだ分かりません 。

 

というかこのサイトがどんな方向へいくのかも謎です 

私の人生をお話しすることで 

あなたの目に触れることで 

あなたが何を想うかはわかりません 。

 

同じ様な人からの共感なのか 

受け入れられない人からの拒絶なのか 

何を感じるかは人それぞれですが 

ありのままの気持ちをお伝えしていきたいです。

  

真面目に書くと 

恨みつらみや、暗い内容にしてしまいそうなので 

出来るだけ明るい記事になるように心掛けます 。

 

そしてそれが誰かの人生の 

希望に繋がりますように 。